あすもあさっても嵐、だから旅に出るのです

花に露、風に大楠、人に影の時間

桔梗と萩の背向き合って、秋最中           東作 
 


待宵、レモンの月を水割りにして、

やりきれなさの枝葉を剪定する

今日からはひとり立ちする秋桜             れいこ  



夏雲逢えた時の言葉決めてある

油断が腕のアイロン火傷

昔の思いのまま酔芙蓉赤く               歌也子



生きるとも死ぬとも知れず虫の目線

古刹にて噂の秋てふ赤らめる              ゆう子   



母果てて密かに帰る裏口に月煌々

ため息をととのえる遠くに読経              喜久也



秋になったポケットに何にもない

秋が来てまた一人が好きになる             架京



暗夜の果てで命を灯す

つまりは残照の花野に窮まる

窮まりて月明の底にたたずむ               伊織



あれもこれも星の隣にぶら下げる

黄昏の対話さらってゆく列車                貴子



秋空 女は眉を濃く描く

秋風に追われて自民大敗する

来年の話は聞かないふりして敬老の日         つゆこ


 
 

9月の句会